犬の餌の保存方法

 

犬の餌の保存方法はさまざまありますが、
ドッグフードは開封してから
食べきるまで通常一ヶ月が目安となっています。
 
犬
 
フードは水分を含むと
酸化をしていき、傷んでいきます。
 
 
 
暑い時期と寒い時期では、
条件が異なってくるので、
時期によって購入する容量を
調節すると良いでしょう。
 
 

犬の餌の保存場所は
直射日光の当らない
温度や湿度が低い冷暗所で
保管するのが最適と言われています。
 
 
また、犬の餌は開封前であっても、
この正しい保存法でなければ
フードの状態が悪くなることがあります。
 
湿度が低ければ、常温保存でも可能です。
 
 
 
冷蔵保存を行う人もいますが、
出し入れをしているときに
結露を起こしてカビが発生することがあります。
 
 
 
 

密閉性の高い容器で餌を保存しましょう

瓶で保存する場合は、
密閉性が低いので
短期間であれば使用可能です。
 
または、フードコンテナや
ジッパー付きの袋に入れるという方法もあります。
 

ドッグフード
 
犬の餌をフードコンテナに入れて
保管するときは、袋のまま中に入れて、
袋を閉じた状態で
フードコンテナの蓋をすることで
湿気を防ぐことが出来ます。
 
 
ジッパー付きの袋にいれる場合は、
袋を開けたあとに小分けして保存します。
 
密閉性が高いので
酸化を防止する効果が高いことで知られています。
 
 
さらに脱酸素剤を入れる、
真空パック器などを使う
密閉性がより高くなり長期保存できます。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>